シャンプーは泡立ててから使うのがよい

シャンプーを泡立てずにそのまま頭皮や髪につけて洗うのはよくありません。きちんと汚れを落とすことができないので洗いあがり、洗った後の匂いもよくないでしょう。シャンプーはそのままつけるのではなく泡立ててから付けるのがよいと言われています。今回はなぜシャンプーは泡立てた方がよいのか考えてみましょう。

 

シャンプーをどうやってつけるかによって髪へのダメージは違う

シャンプーを頭皮や髪につけるつけ方によって髪へのダメージは大きく違ってくると言われています。シャンプーは手のひらでしっかりと泡立ててから髪や頭皮に付けなければ、そのままのシャンプー液の状態でつけてしまうと頭皮や髪への刺激となってしまうことも。

 

なぜシャンプーは泡立てなきゃいけないの?

シャンプーというのは水を混ぜて泡立てた時に、髪によい洗浄力になるように製造されています。そのためそのまま原液のシャンプーは濃度が濃い原液のような状態になるので、そのままのシャンプーを頭皮や髪につけてしまうと刺激が強くなってしまうのです。
さらに髪につけてから、シャンプーを泡立ててしまうと髪をごしごし洗うことになり、髪が泡立てネットのような状態になってしまいますので髪表面にあるキューティクルが傷ついてしまうことになります。そのため手のひらでしっかりと泡立ててから使うようにして下さいね。

 

どうやって泡立てるのがよいの?

まずは手をしっかりと洗いましょう。手のひらが汚れたり、脂が付いていたりするとしっかりとシャンプーが泡立ちません。また髪の毛も事前に濡らしておきましょう。シャンプーはお湯を混ぜてしっかりと泡立てていきます。十分に泡だったところで髪につけて頭皮を中心にしっかりと洗っていきます。頭皮を洗う時には爪を立ててしまうと傷ついてしまいます。指の腹を使って洗うようにするとよいでしょう。この方法で行うだけで髪質がぐんとよくなり、キューティクルを保ったツヤ感たっぷりと髪質になれますよ。

Categories: ヘアケア